1: 名無しさん@おーぷん 22/03/04 15:43:43 ID:37HZ
藤子・F・不二雄『ある日…』

とあるアマチュアの8ミリ映画自主製作サークル『緑ヶ丘シネサークル』のメンバー4人が集まり、
それぞれ自作の8ミリ映画を持ち寄って映写会を始める。
初めの一人は、スターウォーズのちょっとしたパロディを発表。
二人目は、自宅の窓から見える景色を同じ位置で10年前から撮影を続け、
その発展を短い時間で紹介するドキュメンタリーチックな作品。
三人目はちょっと思い出せないんだが、まぁそれなりの作品。
三人ともそれぞれのテーマで独自のストーリーのもとに製作した作品でお互い傑作だと褒め称えあう。
だが、四人目のおっさん(A氏)がそいつらの作品を全部批判する。
「駄作だ。あんたたちの作品には訴えるものがない。」
「問題意識のかけらもない。」「映画を通して一体何を主張したいのか。」
三人は少し憤慨するが、
「まぁそこまで言うならとりあえずA氏の作品を見てみましょうよ。」
「果たしてA氏の作品にはどれだけ訴えるものがあるのか、
 問題意識とやらがあるのか、それを鑑賞してから判断しましょう。」

引用元:藤子・F・不二雄の「ある日…」が現実になりそうだって気付いてるか?
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1646376223/

【藤子・F・不二雄の「ある日…」が現実になりそうだって気付いてるか?】の続きを読む