1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/29(金)21:03:53 ID:KIr
長岡京殺人事件

1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦二人が
仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり
2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された。

直接の死因は主婦A(当時43歳)が絞殺、主婦B(当時32歳)が刺殺。
二人のリュックには、それぞれ空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであった。
検死の結果、死亡時刻はどちらも正午過ぎから二時半までと判明。

どちらも金を奪われた形跡はなかったが、主婦Aの衣服のポケットから
“ オワレている たすけて下さい この男の人わるい人 ”
と鉛筆で走り書きをした、勤務先のスーパーのレシート(日付は事件当日より2日前)が発見される。
だが、どちらの荷物にも衣服のポケットにも、この鉛筆がなかった。
後日の捜索で、殺害現場から少し離れたところで芯の先端だけが見つかっているが
鉛筆そのものは見つからなかった。

【未解決事件怖すぎワロタ】の続きを読む