懐古スイッチ

80年代、90年代に青春を駆け抜けたアラサー、アラフォーに贈る 懐かしさと切なさ漂う大人のまとめサイト

    引きこもり

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/18(土)20:14:29 ID:UoL
    厚生労働省は来年度から、高年齢化するひきこもりやニートの就労を後押しするため、39歳までを対象としている現在の支援制度を拡充し、
    40~44歳も含める方針を決めた。バブル崩壊後の就職氷河期に困難を抱えた人が多く、NPO法人などが運営する全国の
    「地域若者サポートステーション」(サポステ)のうち10カ所程度をモデル地域に選定。専任スタッフを置き、就労に必要なスキルを身に付けてもらう。

     厚労省は来年度予算の概算要求に人件費4500万円を計上。「モデル事業を通じて効果的な手法や課題を探り、氷河期世代の職業的自立につなげたい」としている。
    https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201711/0010743731.shtml

    引用元:政府「40代のニートもサポートします!」←対人関係のない仕事を紹介すべき
    http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1511003669/

    【政府「40代のニートもサポートします!」←対人関係のない仕事を紹介すべき】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/23(月)11:29:55 ID:gkm
    ニートとどのくらい重なるんだろ?
    ニート人数もそのくらいだったと記憶してるが

    引用元:15~39歳引き篭もり54万!
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1485138595/

    【15~39歳引き篭もり54万!】の続きを読む

    BlogPaint


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/07(水)20:28:30 ID:Gdr
    内閣府が7日公表した引きこもりの全国調査で、就労経験について尋ねたところ、正社員だったことがあると答えた人は3割に満たないことが分かった。
    推計54万1千人の引きこもりの背景に、就労状況の不安定さがあることがうかがえる。

    就労形態で最も多かったのが契約社員や派遣社員などの非正規雇用で35・1%、正社員は27%。働いた経験がない人は27%に上った。
    就職や進学を希望する人が60%を超えた一方で、実際に就職活動をしている人は30%に達しなかった。

    家の生計を立てているのは、父親が65・3%で、母親が22・4%。生活保護などを受給している人は4・1%にとどまった。

    http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201609/0009465452.shtml

    【引きこもり、正社員経験者も働いた経験ない人も共に3割未満】の続きを読む

    このページのトップヘ