懐古スイッチ

80年代、90年代に青春を駆け抜けたアラサー、アラフォーに贈る 懐かしさと切なさ漂う大人のまとめサイト

    作画

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)21:37:38 ID:aUc
    需要あるやろ


    引用元:最近のアニメって70年代の絵柄で出すことってできないの?
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1488803858/
    【最近のアニメって70年代の絵柄で出すことってできないの?】の続きを読む

    XLls3wl


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/20(月)11:54:35 ID:5Ok
    なお春麗はアラフィフでキン肉マンはアラ還な模様


    引用元:藤崎詩織はアラフォーで涼宮ハルヒはアラサーな件
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1489978475/

    【藤崎詩織はアラフォーで涼宮ハルヒはアラサーな件】の続きを読む

    放送スケジュール( ´∀`)つ
     
    MBS
     毎週金曜 26:40~

    TBS
     毎週金曜 26:25~

    CBC
     毎週金曜 27:16~

    BS-TBS
     毎週土曜 24:30~

    WOWOW
     毎週金曜 22:30~



    その他、配信情報は公式サイトにて

    アニメ「ベルセルク」2期公式サイト
    http://berserk-anime.com/

    アニメ「ベルセルク」公式ツイッター
    https://twitter.com/berserk_anime?lang=ja 【アニメ「ベルセルク」14話(2期2話)の感想【Twitterまとめ】】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/24(土)20:35:55 ID:plr
    2010年代→?

    【ジャンプの著名原作者:80年代→武論尊、90年代→三条陸、00年代→大場つぐみ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/11(水)12:38:53 ID:AWp
    サスペンスドラマの監修?に呼ばれた小五郎
    脚本家が三人
    老害
    感じのいいベテラン
    老害にいびられている青年

    老害が青年に、ベテランの分とワシの分コーヒー用意しろやとこき使う

    青年が淹れたコーヒーを二人が呑んでいると老害が死ぬ
    コーヒーに毒物が入っていた

    警察らが現場検証するも、どう考えても容疑者は青年しか浮かばなかった
    警察らは青年を疑うも、老害に毒入りコーヒーを選ばせた方法かまわからない

    コナンが、そのサスペンスドラマでたまーに優秀な話があるのを思い出し脚本家を見るとその青年だった
    眠りの小五郎が追い詰めると、青年はどっちが死んでも良かったと白状
    どちらかでもいなくなれば自分の脚本回が増えると思ったとのこと

    これ仮に青年が自供しなかったら迷宮入りになるん?
    怨みをもつやつが複数いて、誰かが死ねばええやってときにこの方法使ったらあれなんかなあと思ってやね

    引用元:コナンの事件で一個うーんと思った話あるけどこれどうなんやろ
    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1484105933/

    【コナンの事件で一個うーんと思った話あるけどこれどうなんやろ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/23(日)03:26:01 ID:1Ay
    OPを比較して動かな過ぎとかまたバンクが入ったとか

    【80~90年代のロボアニメって逆に作画崩壊を楽しむものだったよな】の続きを読む


    【【主題歌が賛否両論www】タイガーマスクWの作画陣本気度と公式アカウントの熱意wwww【Twitterの反応】】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:52:51 ID:23x
    もう無いだろ?正直

    引用元:三大ハイクオリティなアニメ「AKIRA」「パトレイバー1」「パト2」「オネアミスの翼」
    "http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1438786371/"

    【三大ハイクオリティなアニメ「AKIRA」「パトレイバー1」「パト2」「オネアミスの翼」】の続きを読む

    このページのトップヘ