懐古スイッチ

80年代、90年代に青春を駆け抜けたアラサー、アラフォーに贈る 懐かしさと切なさ漂う大人のまとめサイト

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/18(日)18:27:46 ID:V2i
    これについてはどう思っているの?
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151016-00000118-impress-ind
    *記事詳細
    '91年のNHKアニメ「ウルトラマンキッズ」が初DVD化。全26話収録で'16年1月発売

    円谷プロの子ども向けアニメ作品「ウルトラマンキッズ 母をたずねて3000万光年」が、1991年のテレビ放送から25年を経て、2016年1月29日にDVD-BOX化される。ディスク6枚に全26話を収 録し、価格は18,000円。タイトルは「ウルトラマンキッズ DVD-BOX II」(TCED-2927)。発売元はシーメディア、販売元はTCエンタテインメント。

    ウルトラマンキッズ DVD-BOX1 [ 山田恭子 ]
    ウルトラマンキッズ
    DVD-BOX1
    【おっさんが子供の頃ってウルトラマンが流行ってたってマジ?】の続きを読む

    221
    「同情するなら金をくれ」

    日本テレビ系列の家族ドラマ家なき子」の有名なセリフ。最近のドラマの傾向として、「ホームドラマ回帰」がいわれ、その中から一九九三年春の「ひとつ屋根の下」(フジテレビ)のような、大ヒットドラマも生まれた。こうした家族ドラマブームをとらえて、「バブルで浮かれていた日本人が、忘れかけていた家族のぬくもりを再発見し、家族回帰が起こったのだ」という楽観的な解釈をするのはあまりに表層的、短絡的といわざるをえない。なぜなら、この「家族回帰」現象は、崩壊の危機に瀕した「家族」の存在意義を正面から問うて起こったわけではなく、あくまで、「不況」や「恋愛ドラマのネタ切れ」という外部要因が引き起こした「副産物」にすぎないからである。特にブームとなった「大家族ドラマ」などは、中途半端な人情仕立てがかえってアナクロで白々しかったりするわけであり、その意味では、絶対に起こりえない「家族ドラマ」としての「家なき子」のほうがかえって、視聴者の共感を得やすかったのかもしれない。実際、「家なき子」は「同情するなら金をくれ」のセリフなどで話題になったが、そこでは、極限の「家族愛」を提示することで、かえって「家族」の本質的な意味を問いかけていたわけであり、これこそまさに、現代における究極のホームドラマだったのである。

    引用元:コトバンク 
    【【Twitter検索】「同情するなら金をくれ!」【家なき子】】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/11(日)10:18:33 ID:b2t
    あなことーwwこなことーwwあーッたーでしょーwww

    NHK みんなのうた [ (キッズ) ]
    NHK みんなのうた
    【いーつのーwことーだかーw思い出してごーらんーwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/15(水)14:42:41 ID:PyW28bfOG
    カマっぽくて気持ち悪いとかこれ見ても
    言えんの?(´・ω・`)

    http://youtube.com/watch?v=6v4RMMzT6AY



    http://youtube.com/watch?v=xPr22Un5dNY


    【LUNA SEAも黒夢も聞かないでヴィジュアル系バカにする奴なんなの?(´・ω・`)】の続きを読む

    このページのトップヘ